有利な交渉のため

怪我示談交渉のために、弁護士を依頼するのであれば、できるだけ早めに相談をスタートするのがポイントです。なぜかといえば、示談をする場合には、さまざまな条件があります。少しでも有利な交渉にするためには、やってはならないことも出てくるのです。そうなる前に、助言をもらっておけば、何も心配することはないでしょう。

治療が終わってすぐの時期に相談するのがタイミングといわれることがありますが、治療が遅くなったりすれば、それだけ遅くなってしまいます。交通事故直後に治療を始めることが大切ですが、経験がなければ大丈夫だと思ってしまうこともあるでしょう。これが保険会社からは、治療自体が交通事故と関連性がないのではないのかと突っ込まれる要因となってしまいます。弁護士に相談してあれば、こうしたリスクを下げられますし、有利な交渉の材料を作っていくことが可能です。

本来は被害者を救済するためですが、実際にはそうはいきません。それぞれに思っていることがあり、守らなければならないものがあるからです。だからこそ、被害者としても、自分を守るための方法をとして、弁護士を依頼したりする方法を採り、不利な示談にならないようにしなければいけません。


関連記事

  1. 交通事故と示談
  2. 保険会社の考え

保険会社の考え

交通事故の示談交渉は、加害者本人がおこなうものではありません。加害者が加入している保険会社の示談専門の担当者が被害者側と交渉をおこないます。ここが重要で、保険金はできるだけ安くあげようと交渉することになるでしょう。なぜならば、保険会社は企業だからです。そのために、場数を踏んだ交通事故に精通した担当者がやってくることになります。当然法律にも精通していますので、被害者側に対してできるだけ有利になるような交渉をしてサインさせることが仕事です。加害者側に少しでも有利な条件を作り出すのが仕事なのですから当然の流れといえるでしょう。

相談早い段階で臨んだりすると、保険会社のペースにしようともくろんできます。被害者の救済のための保険であっても、被害者のためを考えて保険金額を決めるわけではありません。示談に関して言えば、簡単に太刀打ちなどできません。早期決着を考え、交渉を進め、示談を成立させてしまえば、もう文句を言われることはないとよくわかっているのです。だからこそ、弁護士に相談してから、示談は進めていくべきでしょう。保険会社の思惑よりも増額させることができますし、少しでも有利な条件で結べるようになるからです。


関連記事

  1. 交通事故と示談
  2. 有利な交渉のため