交通事故と示談

事故交通事故にあったときに、さまざまな損害を受けることになるでしょう。物損もありますし、肉体的な怪我を負ってしまうようなことも出てきます。これらは、交通事故に遭わなければ、被害を受けることはなかったでしょう。つまり、加害者側の責任があり、適切に賠償してもらわなければいけないといえます。示談交渉ということになってきますが、思うように進まないことも出てくるものです。さらにタイミングを誤ると、思っているような結果にならないこともあります。相手が示談を求めているから、それに応じるという姿勢ではとても危険なことになってしまうのです。

示談とは何かといえば、これ以上異論をはさんだりしないという契約を結ぶことを意味しています。示談金を支払うので、この事件はこれでおしまいにするというかたちといえるでしょう。つまり、示談を成立させてしまうと、何かあっても文句は言えなくなってしまいます。例えば、事故に遭遇した時には、あまり痛みなどを感じないこともありますが、あとから調子が悪くなってしまうことはよくある話です。事故直後に示談交渉が終わっていると、あとから調子が悪いことが発覚しても、治療費も慰謝料も請求ができなくなってしまいます。これでは、あまりに被害者に不利なことになってしまうでしょう。だからこそ、早期に示談を進めてしまうのは得策とは言えません。

こうしたことも、知らなければ済ませてしまうことも出てきます。弁護士を入れて交渉することもポイントになってきますので、交通事故に遭ったときには参考にしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 保険会社の考え
  2. 有利な交渉のため